最近検索した語句をすべて削除しますか?

最近の検索履歴が全て削除されます

いいね
あとで見る
共有する
に追加

Katherine of Alexandria 予告編

3 年前62 views

crazyhis

歴史系映画

IMDb
http://www.imdb.com/title/tt1587685/

2014年 イギリス映画 108分 日本語版なし

キリスト教カトリックの聖女、アレクサンドリアのカタリナの伝承の映画化。
数々の歴史系映画にも出演したピーター・オトゥールの遺作でもある。ピーター・オトゥールの役ところはカタリナを擁護するローマの高官。
カタリナの伝承上のエピソードを取り入れてるけど、完全なオリジナルストーリー。
伝承のハイライトである、50人の哲学者を相手にした大討論会はもちろん物語りに組み込まれている。
敵役は伝承通りにローマ皇帝マクセンティウスになっている。
歴史上のマクセンティウスの行動からするとかなり外れてるけど、伝承のほうを優先してってことのよう。
後の皇帝コンスタンティヌス大帝は幼馴染って設定で、若き未来の皇帝コンスタンティヌスの物語が平行して流れる形になっている。
もちろん、カタリナ、コンスタンティヌスの物語りともに殆どフィクション。
エジプトのアレクサンドリアでマクセンティウスの仕打ちに抵抗するカタリナ。
ブリタニアで現地人との和解を目指すコンスタンティヌスって感じの物語にっている。
最後は伝承通り、カタリナは処刑される。
そして同時にこの手の映画のお約束とおり、敵役のマクセンティウスは主役のコンスタンティヌスに、文字通りぶち殺される。岩で滅多打ちにされるのだ。
実際にはローマ近郊のポンス・ミルヴィウス近郊で決戦が行われてマクセンティウスが敗死したんだけど、映画では大決戦を再現する予算がなかったのか、一騎打ちになっている。
いや、一騎打ちにもなってない。逃げ惑うマクセンティウスをコンスタンティヌスが一方的に追い掛け回して殺害する。
描いている時期はコンスタンティヌスが副帝即位を宣言した306年からエジプトを掌中にした324年までで、これを非常に短い時間に成し遂げたってことにして描いてる。
少なくても、カタリナが処刑されてから葬儀が行われるまでの間に、即位宣言からエジプト掌握までを成し遂げたことになっている。
当初はカタリナの物語のみを描くことになっていたようだが、色々何かあってストーリーにコンスタンティヌスを絡めることになってようだ。
題名も"Decline of an Empire"、"Katherine of Alexandria"のどちらがオリジナルタイトルかわからなくなるくらい。
製作開始時の宣伝などを読んでいる限りだと、2009年のスペイン映画「アレクサンドリア(Agora)」を意識している感じがあった。
「アレクサンドリア(Agora)」のヒュパティアがキリスト教徒に殺害された哲学者で、アカデメイアの学長を務めるほどの才女、
カタリナはローマ皇帝に処刑されたキリスト教の聖人で、50人の哲学者を相手に全員論破してしまうほどの学識を持つ才女。
出身はどちらも同じアレクサンドリア。

参考文献
黄金伝説4 ISBN-10: 4582765920
エウセビオス「教会史」 (下) ISBN-10: 4062920255
ローマ帝国衰亡史〈2〉第11‐16章 ディオクレティアヌスとキリスト教の展開 ISBN-10: 448008262X
古代ローマ一千年史―754B.C.‐476A.D ISBN-10: 4886932002
ローマ帝国 (地図で読む世界の歴史) ISBN-10: 4309611818

この動画を通報する

問題を選択する

動画を埋め込む

Katherine of Alexandria 予告編
自動再生
<iframe frameborder="0" width="480" height="270" src="//www.dailymotion.com/embed/video/x37h664" allowfullscreen allow="autoplay"></iframe>
上の埋め込みコードであなたのサイトに動画を追加します。