最近検索した語句をすべて削除しますか?

最近の検索履歴が全て削除されます

いいね
あとで見る
共有する
に追加

潜水艦轟沈す(49th Parallel)予告編

3 年前138 views

crazyhis

歴史系映画

allcinema
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=12942

IMDb
http://www.imdb.com/title/tt0033627/

1941年 イギリス映画 123分 日本語字幕版あり

原題の北緯49度線とはカナダ・アメリカ国境をさしていて映画の舞台を表してる。
カナダのハドソン湾へ侵入したドイツのU・ボートの乗組員が物資調達を命じられて上陸したが、U・ボートが撃沈された。
上陸隊は自力で帰還を目指す。そんな物語。
イギリスのプロパガンダ映画だけあってU・ボートの乗組員はバリバリのナチス。特に指揮官の大尉は狂信者といっていい感じ。
沈めた船の乗組員を銃撃するだの当時のU・ボートの乗組員に対するイメージそのままに描いてる。
上陸隊員たちは西海岸に行き、そこで当時中立国だった日本の船に乗り脱出しようと計画する。
カナダ政府は上陸隊員の捜索を行い、脱出を阻もうとする。
物語の大半は乗組員たちがドイツ移民村に潜んだり、インディアン居留地に逗留したり、カナダの脱走兵と道行きを共にしたりしながら、論争を繰り返す感じで進む。
大尉はそのたびにナチスを賛美して、住民の反感を買い逃げ出す羽目に陥る。
逃亡者が自ら正体をばらしながら逃亡するといった、おかしな展開だ。焚書まがいの事までしでかしてる。
ドイツの移民村では黙ってれば正体がばれずに済んだところを、わざわざヒトラー賛美の演説をうって住民の反感を買って正体をばらすようなことまでしてる。
ドイツの軍人が如何にナチスの狂信的かってところを描こうとしたみたいだ。
イギリスがカナダ住民に対してカナダ近海をうろつく、U・ボートの恐怖を宣伝する目的で作ったんだろう。

実際のところ、U・ボートの乗組員でバリバリのナチスってのは少なかったそうだけど。
沈没した敵船の乗組員を手荒に扱うことも少なかったようだ。ましてや銃撃を加えたとかいう事件は1件しかない。
逆に脱出して救助を求めてるU・ボートの乗組員を連合軍が銃撃したって事件はかなり多いようだ。
1941年の段階で北アメリカに上陸したドイツへいもまだいない。
1942年のアメリカ沿岸攻撃作戦、パウケンシュラーク作戦以後にU・ボートで工作員をアメリカへ送り込む作戦とか、
カナダのU・ボートの乗組員の捕虜を脱出させる作戦などでU・ボートが沿岸に近づいたくらいだ。
工作員は上陸して直ぐに逮捕されてる。捕虜脱出作戦はU・ボートの乗組員が上陸することもなくU・ボートが撤退している。
ちなみに映画に出てきたU-37は実物大の模型だけど、実際のU-37は終戦まで生き抜いている。
U-37はアイルランドから北海、スペイン近海、ジブラルタル付近で作戦を行い、カナダ方面には行かったようだ。

参考文献
ドラムビート―Uボート米本土強襲作戦 ISBN-10: 4769810504
デーニッツと灰色狼―Uボートの栄光と悲劇 ASIN: B000J9D8AQ
10年と20日間―デーニッツ回想録 ISBN-10: 4875380739
Uボート戦士列伝―激戦を生き抜いた21人の証言 ISBN-10: 4152088176
Uボート部隊の全貌 ドイツ海軍・狼たちの実像: ドイツ海軍・狼たちの肉声 ISBN-10: 4054047289
Uボート入門―ドイツ潜水艦徹底研究 ISBN-10: 4769823835

この動画を通報する

問題を選択する

動画を埋め込む

潜水艦轟沈す(49th Parallel)予告編
自動再生
<iframe frameborder="0" width="480" height="270" src="//www.dailymotion.com/embed/video/x33csmx" allowfullscreen allow="autoplay"></iframe>
上の埋め込みコードであなたのサイトに動画を追加します。