検索履歴をすべて削除しますか?

削除しない場合はキャンセルを選択してください

スパルタの若獅子(Saffo, venere di Lesbo) 踊りなどのシーン

3 年前354 views

crazyhis

歴史系映画

allcinema
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=12121

IMDb
http://www.imdb.com/title/tt0054263/

1960年 イタリア映画 105分 昔日本語版があったらしい

予告編が見つからないからレスボス島の女神官たちのシーン。
赤毛の女性が主人公のサッポー。
古代ギリシアを舞台とする映画だと薄手の服装の女性が踊るシーンがよくある。
だけどこんな服装の女性は娼婦くらいしかいなかったようだけど。
普通は現代のイスラム教徒のような体の線がわからないような服にベールだった。
邦題は「スパルタの若獅子」だけど、スパルタはまったく関係ない。

紀元前7から6世紀頃にエーゲ海のレスボス島で活躍した女流詩人サッポーを主人公にした映画。
歴史上の人物を何人も登場させてるけど、物語は完全にオリジナル。
舞台は独裁者メランクロスが支配するレスボス島で、ファオンの属する反乱勢力が独裁者打倒を目指している。
サッポーはレスボス島の神官の一員ってことのようだ。
ファオンはサッポーを愛し、独裁者メランクロスの部下ヒペルビウスが横恋慕を仕掛ける、三角関係の物語。
サッポーと同性愛的な関係にあったといわれるアッティスも参加するから四角関係になるのかも。
映画では思いを寄せるにとどまってるけど。
本筋は独裁者を倒そうとする反乱者の物語って感じだ。
サッポーの兄のラリコスも独裁者メランクロスの部下として登場する。最後の方で裏切られて寝返る。

実際のところ、レスボス島は貴族の内紛が激しく、幾度も独裁者が入れ替わっている。
サッポーも詩人仲間のアルカイオスとの関係とか、家がレスボスの富裕層に属していたところから騒乱に巻き込まれることが多かった。
メランクロスはペンティリダイから位を奪い、メランクロス追放後にはミュルシロスが地位につき、ミュルシロスが暗殺されるとピッタコスが跡を継ぐと独裁者もコロコロと変わっている。
サッポーもミュルシロスの独裁に反対した友人の詩人アルカイオスの巻き添えを受けて追放されてる。
ピッタコスの時世に恩赦で帰還してが、アルカイオスや夫の巻き添えで再び追放された。
サッポーは映画の描くような神官ではなく、結婚前の女性を教育する寺子屋のようなものを営んでいたようだ。
サッポーは結婚して娘をひとり産んでいる。夫とは死別している。夫は裕福な商人だったようだ。
ファオンはヘレニズム期辺りに創作された人物のようで、それによるとサッポーはファオンにふられて自殺したとされてる。

参考文献
サッフォー 詩と生涯 ISBN-10: 4891766042

動画を報告

問題を選択

動画を埋め込む

スパルタの若獅子(Saffo, venere di Lesbo) 踊りなどのシーン
自動再生
<iframe frameborder="0" width="480" height="270" src="//www.dailymotion.com/embed/video/x31rjwg" allowfullscreen allow="autoplay"></iframe>
上の埋め込みコードであなたのサイトに動画を追加します。