検索履歴をすべて削除しますか?

削除しない場合はキャンセルを選択してください

封鎖作戦(Gift Horse)予告編

3 年前80 views

crazyhis

歴史系映画

allcinema
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=19804

IMDb
http://www.imdb.com/title/tt0044658/

1952年 イギリス映画 100分 日本語字幕版あり

1940年に参戦前のアメリカがイギリスへ供与した50隻の旧式駆逐艦の一隻を描いた物語。
ここに描かれてる駆逐艦は仮想のもので、物語はフィクションってことになってるけど、供与された駆逐艦のキャンベルタウンがモデルになっているようだ。
前半は護衛艦隊の一員として任務をこなす日々だが、休日の船員の話が主になってる。
ドイツの航空機を撃墜したり、U・ボートを撃退したりの功績も挙げるけど、対戦網をスクリューに引っ掛けるわ、閉塞船の位置を間違えて座礁するわと、ミスの多い艦だ。
そんな幾多の苦難を乗り越えて、最後はドイツの港へ艦ごと体当たりする作戦に参加して、艦を自爆させてドイツの港を破壊しておしまい。
最後の30分の戦いはイギリス軍が駆逐艦キャンベルタウンで行ったサン=ナゼール強襲作戦を再現したものになっている。
映画の中では別の架空の作戦ってことになっている。
1941年代が舞台になっているが、U・ボートが有利に戦いを進めている時期で、この映画のように護衛艦がU・ボートに出し抜かれて護衛していた船を沈められるってことはよくあったようだ。
船団の最後尾にU・ボートが夜間に浮上して攻撃を加えるというのも盛んに行われてる。
特に「寡黙なオットー」ことクレッチマー艦長は夜間に船団近くに浮上して、浮上したまま船団内に潜り込んで一隻一発のモットーで大きな戦果を上げている。
潜行していると速力が出ず、船団に追いつくことが出来ない。浮上すれば十分な速度を出せるので船団に取り付くことが出来るってことらしい。
それにU・ボートは船影が低く、夜間には発見される確率が非常に低いのだそうだ。
この映画にでてきたU・ボートは失敗したけど。

参考文献
デーニッツと灰色狼―Uボートの栄光と悲劇 ASIN: B000J9D8AQ
大西洋の脅威U99―トップエース・クレッチマー艦長の戦い ISBN-10: 4769824602
スカパ・フローへの道―ギュンター・プリーン回想録 ISBN-10: 4120031748
10年と20日間―デーニッツ回想録 ISBN-10: 4875380739

動画を報告

問題を選択

動画を埋め込む

封鎖作戦(Gift Horse)予告編
自動再生
<iframe frameborder="0" width="480" height="270" src="//www.dailymotion.com/embed/video/x31n35k" allowfullscreen allow="autoplay"></iframe>
上の埋め込みコードであなたのサイトに動画を追加します。