検索履歴をすべて削除しますか?

削除しない場合はキャンセルを選択してください

U-571

3 年前1K views

crazyhis

歴史系映画

allcinema
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=161194

IMDb
http://www.imdb.com/title/tt0141926/

2000年 アメリカ映画 116分 日本語版あり

第二次世界大戦時、1942年春にU・ボート奪取を図るアメリカ軍の物語。
完全なフィクション。
デラックス版の特典映像を見ると、U-110、U-505が連合軍の手に落ちた事件をヒントにした映画のようだ。
U-110は1941年5月にイギリスの駆逐艦に攻撃され、それが原因の故障によって急浮上してしまい、イギリス軍に降伏した。
U-110はイギリス軍が曳航中に沈んでしまったが、エニグマ暗号機はイギリス軍の手に落ちてる。
このエニグマ暗号機によりイギリス軍はU・ボートの行動をかなり正確につかめるようになり、1941年の残りの期間を有利に戦いを進めてる。
だけど1942年にアメリカ東岸がU・ボートの攻撃を受けたとき、アメリカ海軍はイギリス海軍から提供されたU・ボート情報を殆ど無視して有効に活用できなかったそうだ。
U-505は1944年6月にアメリカ軍により捕獲され、暗号機も奪取された。その様子が映像に取られてる。
しかし、この時期にはU・ボートの脅威は殆ど去っていて宣伝の意味くらいしかなかったようだ。
どちらも最初から捕獲を狙ったわけじゃなく、撃沈しようとしたらU・ボートが浮上してきて捕獲できそうだから捕獲したって感じだ。

映画自体は結構無理な設定が多い気がした。
ドイツ軍の航空機が駆逐艦と協力して潜水艦狩りを行えるとか、デーニッツ提督が聞いたら泣いて喜びそうな話もある。
実際にはゲーリングの介入でドイツ海軍は航空機の援護を殆ど受けられなかった。
U・ボート乗員の描き方も、救難者を機関銃で撃ち殺したりと、大戦時に連合軍が宣伝していたイメージそのまま。
映画でのU・ボート乗員の描き方は大戦中から現在に至るまで、そんなに変わってないんだなって感じだ。

参考文献
ドラムビート―Uボート米本土強襲作戦 ISBN-10: 4769810504
デーニッツと灰色狼―Uボートの栄光と悲劇 ASIN: B000J9D8AQ
10年と20日間―デーニッツ回想録 ISBN-10: 4875380739
Uボート戦士列伝―激戦を生き抜いた21人の証言 ISBN-10: 4152088176
Uボート部隊の全貌 ドイツ海軍・狼たちの実像: ドイツ海軍・狼たちの肉声 ISBN-10: 4054047289
Uボート入門―ドイツ潜水艦徹底研究 ISBN-10: 4769823835

動画を報告

問題を選択

動画を埋め込む

U-571
自動再生
<iframe frameborder="0" width="480" height="270" src="//www.dailymotion.com/embed/video/x31msmb" allowfullscreen allow="autoplay"></iframe>
上の埋め込みコードであなたのサイトに動画を追加します。