検索履歴をすべて削除しますか?

削除しない場合はキャンセルを選択してください

海の牙(Les maudits) 戦闘シーン

3 年前199 views

crazyhis

歴史系映画

allcinema
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=2559

IMDb
http://www.imdb.com/title/tt0039615/

1947年 フランス映画 105分 日本語字幕版あり

1945年4月、ドイツ降伏の1ヶ月前にオスロからU・ボートで南米へ脱出を図ろうとするナチス高官達の物語。
もちろんフィクション。
予告編が見つからなかったから、映画唯一の戦闘シーン。
物語のメインは狭い艦内でのどろどろした人間劇。
特にヒトラー死去の報道が伝えられてからは戦いが加速する感じだ。
あくまで最初の目的通りに南米で再起を図ろうとするもの、逃げ出そうとするもの、自殺を選ぶものと色々。
南米につくと連絡員は逃げ出してるし、協力者も乗り気でない。
味方の補給船と落ち合うのに成功して一気に終わりへと転がり込む感じだ。
傍観者としてフランス人医師が登場する。
戦闘で負傷した夫人の手当てのために途中でフランスに上陸して誘拐してきたのだ。
最後に残るのはこの傍観者だけってことになる。

この映画はおそらく南米へ脱出してきたU・ボートの話をヒントに作られたのだろう。
南米へきた二隻のU・ボートの内、U-530はヒトラー死亡前に出航していたのでさほど注目されなかったようだが、
もう一隻のU-977は1945年5月10日にベルゲンを出航していたためにヒトラーを密かに乗せてきたのではないかとの嫌疑を受けている。
後、当時噂になっていたナチスの高官らを乗せて南極へ向かったとされる幽霊船団の護衛としてU-977は出撃したのではないかなど色々と取り座さされたそうだ。
U-977の艦長の回顧録を読むと、この映画のように一般人を乗せて南米まで航海するのは無理があるようにも思える。
当時大西洋東部は連合軍の航空機や艦船の監視が厳しくU-977は殆ど潜行したまま航海しなければならず、プロの潜水艦のりにも厳しい航海だったそうだ。
この映画はU-977にまつわる噂をヒントにした、密室を舞台にした疑心暗鬼に陥った人間のドラマってことのよう。

参考文献
U‐ボート977 ISBN-10: 4059010901

動画を報告

問題を選択

動画を埋め込む

海の牙(Les maudits) 戦闘シーン
自動再生
<iframe frameborder="0" width="480" height="270" src="//www.dailymotion.com/embed/video/x31mqtq" allowfullscreen allow="autoplay"></iframe>
上の埋め込みコードであなたのサイトに動画を追加します。