検索履歴をすべて削除しますか?

削除しない場合はキャンセルを選択してください

Vlad Tepes まとめ

3 年前32 views

crazyhis

歴史系映画

IMDb
http://www.imdb.com/title/tt0141966/

1979年 ルーマニア映画 134分 日本語版なし

ドラキュラのモデルとして有名なワラキア公ヴラッド・ツェペシュの物語。舞台は15世紀のルーマニア。
はじめの戦闘場面は前代のワラキア公、ヴラディスラブ二世を倒した戦い。
だけどヴラディスラブ二世からヴラッド・ツェペシュに公位が移った実際の経緯はわかってないそうだ。
わかっているのはヴラディスラブ二世が貴族たちの裏切りにあって死に、ヴラッド・ツェペシュに公位が移ったってことのようだ。
前半は国内の貴族たちとの戦いやトランシルヴァニア商人との戦いが中心なようだ。
対話や会議の場面が多い。
貴族たちをだまし討ちにしてまとめて焼き殺すシーンなどはあるけど、串刺しシーンは少ない。
後半のトルコとの戦いが映画の見せ場だ。
ハンガリー王からの応援を断られて単独でトルコと闘わなければならなくなった外交状況から、トルコとの開戦までもそれなりに描かれてる。
トルコの使節がヴラッド・ツェペシュをだまし討ちにしようとして逆に最前線都市ジュルウジ市を攻略する話や、串刺しの森の場面もちゃっんと出てくる。
そして、トルコ皇帝メフメト二世が大軍を連れて侵攻してくると焦土作戦と、遊撃戦でトルコの兵站を叩き、とどめに夜襲でトルコ軍に大損害を与えるって戦いの流れ全体を描いてる。
ヴラッド・ツェペシュが自ら変装してメフメト二世の本営を偵察したって逸話も描いてる。
この戦役のトルコ軍の兵力は約6万で、ワラキア公軍は2万くらいだったそうだ。
最後は偽手紙にだまされたハンガリー王の呼び出しを受けて逮捕されておしまい。
その後、10年に及ぶ幽閉と偽手紙の容疑が晴れて再び復権して暗殺されるまでの晩年は描かれてない。

参考文献
ドラキュラ伯爵―ルーマニアにおける正しい史伝
ルーマニア史 ASIN: B000J8YLO4
メフメト二世―トルコの征服王 ISBN-10: 458802194X

動画を報告

問題を選択

動画を埋め込む

Vlad Tepes まとめ
自動再生
<iframe frameborder="0" width="480" height="270" src="//www.dailymotion.com/embed/video/x3139do" allowfullscreen allow="autoplay"></iframe>
上の埋め込みコードであなたのサイトに動画を追加します。