最近検索した語句をすべて削除しますか?

最近の検索履歴が全て削除されます

いいね
あとで見る
共有する
に追加

グストロフ号の悲劇(Nacht fiel uber Gotenhafen) オープニング

3 年前80 views

crazyhis

歴史系映画

allcinema
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=319966

IMDb
http://www.imdb.com/title/tt0053092/

1959年 ドイツ映画 97分 日本語字幕版あり

第二次世界大戦末期にバルト海で沈没したグストロフ号の最後の航海をベースにした作品。
だけど前半は1939年から1945年までの主人公マリアの物語。
ここは当然フィクション。マリアはあるドイツ将校の妻なんだけど、ある海軍将校と浮気して子供まで作ってしまう。
そんな不倫な物語がメインになっている。
この海軍将校は実在の人物がモデルになっていて名前までおんなじ、ハンス・ショッテス。
ショッテスが潜水艦勤務を志願して潜水艦隊訓練基地になっていたグストロフ号に赴任してきたとき、親友で上官のダンケル大尉は「女の子の厄介ごとに巻き込まれたな」と考えたそうだ。
そうなるとこの映画は、その厄介ごとを創作して映画化したってことになるかも。
映画にもダンケル大尉は出てきてる。片目の士官がそれ。
実際にも片目を失ったのが原因で教官としてグストロフ号に赴任している。
この映画ではソ連軍が侵攻してきたプロイセンの状況も再現している。
ソ連軍がばら撒いた過激な宣伝文とか、ソ連軍が略奪暴行を繰り返してるとの噂に怯えて逃げ出す難民とか、労働力確保を目的に一般の農家に貸し出された戦争捕虜とか、
細かい点に着目すると色々なエピソードや設定が織り込まれていて参考文献などの記述と比較して見るのも面白い。
当時の記録映像なども多く利用されている。
沈没にまつわるエピソードも色々と再現されてるけど、船長が真っ先に逃げ出して救命ボートに隠れてたって話はなかった。
実際には戦艦アドミラル・ヒッパーが救助に来たんだけど、そこは司令部での命令って場面で説明されているだけなのは残念な気がした。
映画の冒頭にはグストロフ号の進水式から戦争が始まったときの北海での航海の話なんかもある。
北海での航海は不倫物語の前振りでもあるけど。

参考文献
バルト海の死闘 ASIN: B000J745GE
ベルリン陥落 1945 ISBN-10: 4560026009
壮烈!ドイツ艦隊―戦艦「ビスマルクの出撃」 ASIN: B000J9GE5W

この動画を通報する

問題を選択する

動画を埋め込む

グストロフ号の悲劇(Nacht fiel uber Gotenhafen) オープニング
自動再生
<iframe frameborder="0" width="480" height="270" src="//www.dailymotion.com/embed/video/x3134p7" allowfullscreen allow="autoplay"></iframe>
上の埋め込みコードであなたのサイトに動画を追加します。