検索履歴をすべて削除しますか?

削除しない場合はキャンセルを選択してください

バルバロッサ 帝国の野望(Barbarossa) 予告編

3 年前81 views

crazyhis

歴史系映画

allcinema
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=343139

IMDb
http://www.imdb.com/title/tt1242516/

2009年 イタリア映画 121分 日本語字幕版あり

神聖ローマ皇帝フリードリヒ・バルバロッサのイタリア遠征を背景にした物語。
主人公は一応実在の人で、バルバロッサに対抗して戦ったミラノ市民アルベルト。ミラノで編成された死の部隊の指揮官だ。
1154年の第一回遠征から1176年の第四回遠征までを描いてる。
但し、期間が長いだけあって扱う事件は飛び飛びで登場人物たちはあまり歳をとった感じがしない。
基本的にアルベルトの目線で描いてるのでバルバロッサの関わった事件は余計に飛び飛び。
そして独裁者と自由を求める市民の対立って形に背景をまとめてる。
実際には皇帝、皇帝に反発するドイツの諸侯、ローマ教皇、都市の裕福な商人や貴族、などなどの思惑が錯綜して政治情勢は複雑だ。
単純に都市の自由って話ではない模様。だけど映画でその辺りまでは表しきれないから単純化したってことだろう。
物語の本編は1156年にヴュルツブルクで二番目の妻、ベアトリクスを娶るところから始まる。
ベアトリクスは皇帝の后って意識の強い気位の高い女性として描かれてる。
結婚式の直前にビンゲンのヒルデガルトと面談する場面もある。
医学や音楽などでいろいろと業績を残した女子修道院長で、それを表すように楽譜が机に散らかってた。
ほぼ同時期に公開されたビンゲンのヒルデガルトを描いた映画、Visionを意識してのことかもしれない。
実際にもバルバロッサとヒルデガルトは何度か面談してる。
映画では第二回遠征とそのクライマックスに当たるミラノの降伏と、第四回遠征とそのクライマックスに当たるレニャーノの戦いがメインになってる。
第二回遠征ではミラノは二度降伏して、二度目に映画でも描かれたように市民の追放って厳しい条件が出てる。
映画ではその辺りは単純化してバルバロッサはミラノとだけ戦ってることになってる。
実際には北イタリア平定のために各地で戦ってる。ミラノを落としただけでは決着がつかなかったってことのよう。
第四回遠征では兵力が不十分だったのと天候に振り回されてレニャーノの戦いに巻き込まれてる。
実際にはバルバロッサは戦いを回避しようとしたそうだけど、映画では望んで決戦を仕掛けたように描かれてる。
映画の中ではカロッキオすごい活躍をしてる。まるでベンハーの戦車のよう。実際には防壁のように使われたようだ。

バルバロッサを単純な独裁者って描いてる感じではない。少し独善的だけど悩める君主って感じ。
ローマ教皇とか、他の都市についての話はほぼない。ミラノとバルバロッサに絞った形になってる。
戦闘シーンや攻城シーンなど、特に攻城シーンにはかなりお金をつぎ込んだ感じで、迫力ある。
欧米向けDVDは121分だけど、イタリアのTV版は二話構成の200分だそうだ。

参考文献
騎士の時代―ドイツ中世の王家の興亡 ISBN-10: 4588003860
聖女ヒルデガルトの生涯 ISBN-10: 4752101068
The Deeds of Frederick Barbarossa ISBN-10: 0231134193
The Cambridge Illustrated Atlas of Warfare: The Middle Ages, 768-1487 ISBN-10: 0521440491
西欧中世史事典〈2〉皇帝と帝国 ISBN-10: 4623039307

動画を報告

問題を選択

動画を埋め込む

バルバロッサ 帝国の野望(Barbarossa) 予告編
自動再生
<iframe frameborder="0" width="480" height="270" src="//www.dailymotion.com/embed/video/x30yrrx" allowfullscreen allow="autoplay"></iframe>
上の埋め込みコードであなたのサイトに動画を追加します。