検索履歴をすべて削除しますか?

削除しない場合はキャンセルを選択してください

デザートライオン(Prayer - Carpet of Fire) 予告編

3 年前141 views

crazyhis

歴史系映画

allcinema
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=84231

1993年 イラン映画 90分 昔日本語字幕版があった。

イラン・イラク戦争、1987年にイラン軍がイラク南部で行ったカルバラ5号作戦を舞台にした映画。
カルバラ5号作戦はイラク南部の重要都市バスラ占領を目指して行われた攻勢で、この作戦にイラン軍は15万人の兵員を動員してる。
対するイラクの兵力は20万らしい。
映画は先鋒師団のある部隊指揮官を主人公にしてる。
主人公の部隊はイラク軍の補給線に進出して守り抜くのが任務って設定。
戦況はイラク軍司令部の模型でそれなりに分かりやすく説明がある。
作戦終盤の魚の湖を渡った直後あたりを描いてるようだ。
イラン軍が攻勢限界点に達してイラク軍が反撃を開始するあたり。この部隊はイラク軍の反撃をまともに受けた部隊の一つってことなのだろう。
映画だと最初から防御が任務のように描かれてるけど、実際にはさらに攻勢を強めて前進する予定だったようだ。
装備は映画で描かれたようにイラン軍は革命防衛隊が主力で重装備を欠いていた。
だけど空軍の支援は十分にあった。映画でも一撃必殺のイラン空軍が大活躍してる。
イラク軍は戦車や重砲などを主力にしてるけど、歩兵を中心にしたイラン軍の攻撃を防ぎきれなかったそうだ。
映画のように人間バズーカの大群が押し寄せてきたのかも。
映画の対戦車ロケットは射程威力共に異常な感じだ。携行火器がこんなに強いなら戦車要らないって思えるほど。
この戦いに参加したイラン軍の前線師団の多くは半数近くの人員を失って壊滅してる。
イラク軍の戦車も映画のように多くが破壊されたそうだ。
原因はイラン空軍の対戦車ヘリと新たに入手できたTOW対戦車ミサイルによるもの。
映画のようにRPG無双して破壊したわけじゃない。
この時期、イランはイランゲート事件の影響でアメリカから武器を入手でき、空軍の稼働率が上昇し、ホーク対空ミサイルとか、TOW対戦車ミサイルなど西側の兵器を数多く手にして、イラク軍に対して優位に立ったそうだ。
そのせいでイラク軍は戦車だけでなく、航空機も多数失ってる。

参考文献
イラン・イラク戦争 (パレスチナ選書) ISBN-10: 4807490079

動画を報告

問題を選択

動画を埋め込む

デザートライオン(Prayer - Carpet of Fire) 予告編
自動再生
<iframe frameborder="0" width="480" height="270" src="//www.dailymotion.com/embed/video/x30gexd" allowfullscreen allow="autoplay"></iframe>
上の埋め込みコードであなたのサイトに動画を追加します。