検索履歴をすべて削除しますか?

削除しない場合はキャンセルを選択してください

ファイナル・ソルジャー(River Queen)予告編

3 年前34 views

crazyhis

歴史系映画

allcinema
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=330248

IMDb
http://www.imdb.com/title/tt0388377/

2005年 ニュージーランド/イギリス映画 114分 日本語版あり

1860年から1872年にかけて行われたマオリ戦争を背景にした映画。
主人公はマオリ族青年と恋に落ちて未婚の母となった植民者の娘。父は軍医でもちろん出産に反対した。
マオリ族の青年は死亡し、出産後は父の元で暮らしていたって設定。
物語はこの子がマオリ族の有力者に誘拐されたところから始まる。
誘拐されたのがマオリ戦争が始まった辺り。
そして年が流れ、マオリ戦争末期に子供と再会できたけど、子供はマオリの戦士になっていて、そこで母子の葛藤があるって感じ。
母とアイルランド出身の兵との恋と、マオリ出身でマオリ側から政府側に寝返って、そこからまたマオリ側に寝返った兵もこの恋に参加しての三角関係の物語りも絡んでる。
実際にも似たように両陣営を行ったり来たりしたマオリ出身の兵も数多くいたみたいだ。

マオリ戦争は植民者による土地の強奪が原因だったようだ。
映画でもマオリの聖地を植民地政府の兵が強奪するって話で表現されてる。
マオリ族はそれに対抗して部族全体を統括する王を立てて全部族の連帯を図ったようだけど、うまく行かず、部族ごとに戦っている。
映画でもあるけど、政府側にたって戦ったマオリ族も多くいた。
戦いはゲリラ戦で、映画でも描かれたようにマオリ族が幾度となく植民地政府軍に打撃を与えていたけど、最終的には武力と数に勝る植民地政府軍が勝利してる。
植民地政府軍の兵力はだいたい2万名で、マオリは全体で3千名程度だったと考えられてる。
その兵力差でも政府軍は2千名近くの兵を失ったそうだ。
人口もこのころになるとマオリ、6万に対して植民者8万と植民者の方が多くなっている。
戦争が終わる頃にはマオリ4万に対して植民者25万と植民者の人口の優位がはっきりしている。

参考文献
ニュージーランド植民の歴史―イギリス帝国史の一環として ISBN-10: 481220237X

動画を報告

問題を選択

動画を埋め込む

ファイナル・ソルジャー(River Queen)予告編
自動再生
<iframe frameborder="0" width="480" height="270" src="//www.dailymotion.com/embed/video/x301oay" allowfullscreen allow="autoplay"></iframe>
上の埋め込みコードであなたのサイトに動画を追加します。