検索履歴をすべて削除しますか?

削除しない場合はキャンセルを選択してください

5デイズ(5 Days of August)予告編

3 年前33 views

crazyhis

歴史系映画

allcinema
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=340303

IMDb
http://www.imdb.com/title/tt1486193/

2011年 アメリカ映画 120分 日本語版あり

2008年の南オセチア紛争を描いた作品。
主人公はグルジアに取材に来ていたアメリカのジャーナリスト。
2007年にジャーナリストがイラクで武装勢力に襲われてグルジア軍に救われたところから始まる。
思いっきりグルジアよりに描かれてて、主人公たちと、グルジア大統領サーカシビリの行動を描く形になってる。
グルジア大統領サーカシビリは戦争回避のために戦闘中止命令など全力を尽くしてたのにロシアが攻めてきたって感じだ。
兵士の描き方にも違和感があった。ロシアの兵士の格好が兵士という感じがしない。ヘルメットもかぶらず服装が乱れてて全身にタトゥー入れてたりの無秩序な武装集団って感じ。
一方、グルジア兵はいかにも兵士って格好だし、市民の安全を第一に考える模範的な兵士って感じに描かれてる。
ロシア兵の略奪暴行をクローズアップしてて、その様子を写した映像の争奪戦が物語の中心にある。
映画の最後に家族を殺されたグルジア人のインタビューがある。
とにかくこの紛争はロシアが一方的に悪いんですよってメッセージを強調した形になってる。一種のプロパガンダ映画な模様。

当時のニュースやその後の検証ドキュメンタリーとか見てるとグルジアは南オセチアで無差別爆撃とか市民の虐殺をしでかしてるし、
ロシアと南オセチアは反撃後にグルジアで無差別爆撃とか市民の虐殺をしでかしてる様だ。
グルジア大統領サーカシビリは映画で描かれてるような人物ではない模様。
ナショナリズムに訴えるタイプの政治家で武力行使をためらうタイプじゃないようだ。

参考サイト
当時のニュース集やドキュメンタリーとか
http://www.youtube.com/user/karategin#g/u

2011年5月に起きたグルジアの反政府デモのニュース
http://japanese.ruvr.ru/2011/05/23/50668058.html
ロシアのニュースサイト。映像と写真
http://www.kommersant.ru/doc/1645852

グルジア大統領サーカシビリの政権取得に関するレポート
21世紀COEプログラム「スラブ・ユーラシア学の構築」研究報告集
http://src-h.slav.hokudai.ac.jp/coe21/publish/no16/01maeda.pdf

動画を報告

問題を選択

動画を埋め込む

5デイズ(5 Days of August)予告編
自動再生
<iframe frameborder="0" width="480" height="270" src="//www.dailymotion.com/embed/video/x301hz9" allowfullscreen allow="autoplay"></iframe>
上の埋め込みコードであなたのサイトに動画を追加します。