検索履歴をすべて削除しますか?

削除しない場合はキャンセルを選択してください

グリーンベレー(The Green Berets)予告編

3 年前205 views

crazyhis

歴史系映画

allcinema
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=6434

IMDb
http://www.imdb.com/title/tt0063035/

1968年 アメリカ映画 142分 日本語字幕版あり

ジョン・ウェイン主演の戦争映画。製作当時に続けられていた戦争を賛美する目的の映画ってところ。
1960年代始めごろのベトナムを舞台にしてる。
物語は大まかに分けて前半の2時間、国境の軍事拠点を守る話と、最後の30分の敵の将軍を捕まえる話の二つに分かれてる。
だけど、この映画で描かれてたことはあながち作り話ばかりってことでもない模様。
物語の舞台となった国境の山岳地帯には少数民族が多く、実際にはCIAの協力でグリーンベレーが現地人の組織化を行っている。
映画では軍が南ベトナムに協力してやってるって感じで描かれてる。
少数民族にとっては北だろうと南だろうと、ベトナム人には敵意を示す人が多い。ベトナム人も彼らを蔑視している。
そこへアメリカ人がやってきて様々な援助や軍事的な教練、組織化などを始めた結果、少数民族の多くはアメリカに友好的な態度をとり、北を妨害する軍事組織や防御線などの構築に成功している。
実際のグリーンベレーは軍の特殊部隊というよりアメリカを売り込みに来たセールスマンのような、そんな存在として現地へ送られたんだそうだ。
かなり美化してるけど映画の前半部分はこのあたりの事情を判りやすく描いているようにも見える。
けど、実際には収容所のようなものだったと、悪名高い戦略村の方がモデルだと思われる。
グリーンベレーが行った、山岳部での作戦には映画と違い南ベトナム軍は参加してない。
CIAと組んでやっている頃はそれなりに成果を挙げていた作戦だったけど、所管が軍事顧問団に移ると山岳部での防御作戦は南ベトナム軍に引き継がれた。
少数民族はベトナム人が嫌いだし、ベトナム人は少数民族を蔑んでいる上に、南ベトナム軍は練度も士気も低い。
結果として、少数民族の反発を買ってこの作戦は分解して行ったようだ。
グリーンベレーの方は軍特殊部隊としてより攻撃的な任務へと振り向けられるようになる。
たとえば敵後方の補給施設の破壊とか、補給路の遮断とかの任務だ。
だけどグリーンベレーはその手の攻撃任務を不慣れな土地で行えるほどの部隊ではなかったそうで、普通の歩兵程度の働きしかできなかった。
この辺りも映画の前半と後半の対比と似てるような気がした。
最初は防御的な任務で、後半はほとんど荒唐無稽な敵後方での攻撃任務。映画だともちろん成功するけど、現実にはうまくいきませんってことのよう。

参考文献
アメリカ特殊部隊〈上〉 ISBN-10: 4562036931
ベトナム秘密報告―米国防総省の汚ない戦争の告白録 (上) ISBN-10: 4377301195

動画を報告

問題を選択

動画を埋め込む

グリーンベレー(The Green Berets)予告編
自動再生
<iframe frameborder="0" width="480" height="270" src="//www.dailymotion.com/embed/video/x2z3ybf" allowfullscreen allow="autoplay"></iframe>
上の埋め込みコードであなたのサイトに動画を追加します。