検索履歴をすべて削除しますか?

削除しない場合はキャンセルを選択してください

誓い(Gallipoli)予告編

3 年前97 views

crazyhis

歴史系映画

allcinema
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=14436

IMDb
http://www.imdb.com/title/tt0082432/

1981年 オーストラリア映画 112分 日本語字幕版あり

1915年、第一次世界大戦のガリポリの戦いが舞台。
軽騎兵隊に志願した二人のオーストラリア青年の友情の物語。
って言ってしまえばそれだけの映画だけど、オーストラリア兵がどのような過程を経てガリポリの戦場まで行くかを再現したドキュメンタリーって見方もできる気がする。
戦争当時多くのオーストラリアの青年たちは戦争熱に浮かされて兵隊に志願している。
一番人気はもちろん見た目にかっこいい騎兵隊。
青年たちの戦争熱とは別に地方の猟師とかは世界情勢に疎くて戦争が起きてることすら知らないってことも実際にあったようだ。
この映画ではそんな地方のオーストリア人の姿まで描いてる。
ガリポリの戦いは1915年5月に始まったけど、映画は8月の攻勢に焦点を当てて描いてるから、7月くらいから始まる。
志願兵はまずエジプトに行き、そこで訓練を受けてからガリポリへ送られる。
最初にガリポリへ行った兵はエジプトで十分な訓練を受けてから出発したけど、増援部隊はほとんど訓練なしに投入されたそうだ。
映画でも兵士たちは観光旅行気分でまともな訓練を受けてない。規律も乱れがちだ。
そしてガリポリのANZACビーチって呼ばれた戦場へ。
映画で再現されたとおり、幅一キロあるかないかの小さな橋頭堡だ。
砂浜とその周囲を囲む高地。高地の上に陣地がある。
映画のラストシーンで描かれてた攻勢で橋頭堡は拡大されたけど、突破はならず、4ヵ月後に全面撤退ってことになってる。
この戦いでオーストラリアの第5軽騎兵旅団は当初1900人の兵員がいて、攻勢前に500人補充したにもかかわらず、8月攻勢の後には400人しか残ってなかった。
最初に上陸した1900人のうち、12月の撤退時まで残っていたのが130人で将校は少佐一人だけ。
損害の数字を見てると映画の描写が過剰じゃないって思えてくる。

参考文献
A Military History of Australia ISBN-10: 0521644836
ガリポリ―第一次大戦における最大の勇気と最大の愚行 ISBN-10: 489226072X
ガリポリ敗退記 ASIN: B000JBLF40

動画を報告

問題を選択

動画を埋め込む

誓い(Gallipoli)予告編
自動再生
<iframe frameborder="0" width="480" height="270" src="//www.dailymotion.com/embed/video/x2y2zjc" allowfullscreen allow="autoplay"></iframe>
上の埋め込みコードであなたのサイトに動画を追加します。