最近検索した語句をすべて削除しますか?

最近の検索履歴が全て削除されます

いいね
あとで見る
共有する
に追加

デモンズ3(La chiesa) 騎士団のシーン

3 年前562 views

crazyhis

歴史系映画

allcinema
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=15444

IMDb
http://www.imdb.com/title/tt0094860/

1989年 イタリア映画 102分 日本語字幕版あり

歴史系映画じゃなくて、ホラー映画だけど冒頭の騎士団による虐殺場面が妙にリアル。
残酷だけどここまで見せてくれると逆に美しくも感じてしまう。
予告編じゃなくてその冒頭の場面。
どこの国とか、時代とかの設定はないけど、恰好からするとドイツ騎士団に見える。
それにドイツ騎士団が13世紀に異教地域のプロイセンへ出向いて異教徒の大量虐殺をやったことはドイツとかでも通説になっている。
宗教騎士団だけあって宗教的熱狂で異教徒皆殺しを実践した。
そのせいでプロイセン人は14世紀ごろまでには文化的にも宗教的にも完全に消滅したとかなんとか。

だけど16世紀の騎士団支配が終わる頃までプロイセン人文化とか宗教が残っていた可能性もあるそうだ。
騎士団が虐殺をやったのは宗教的な情熱よりもより実利的な目的で、逆らう者を見せしめに殺して従順な者は異教徒だろうと保護したとかいう説もある。
実際、騎士団にはプロイセン人出身の団員も数多くいたことが確認されてるし、プロイセン人集落やそれを管理する役職、通訳なども16世紀に騎士団支配が終わるまで存続していたそうだ。
騎士団国家プロイセンでは法律とか居住地域などの制限によって新たにプロイセンへ植民してきたドイツ人と、原住プロイセン人は厳格に分けられて支配されていたそうだ。
なぜ、異教徒プロイセン人を温存したかというと、労働力と軍事力の確保が目的だったとか。
新たに植民してきたドイツ人には税とかの免除とか、裁判特権とか当時としては破格の権利が保障されてた。
そうでもしないと植民者が来てくれないからだ。だから植民者からの労働力の確保が難しい。
それでプロイセン人を温存して直営地とかの労働力の確保、有事の際の兵員の確保なんかを狙ったんじゃないかってことらしい。
それに騎士団員は最も多い時期で1000人程度しかいないから、過酷な弾圧をやりたくてもできない。
それよりは異教徒の原住プロイセン人とは適当に仲良くしておいたほうが得だったらしい。
似たようなことは中東の十字軍国家でも見られた。
イスラム教徒の住民に改宗を迫るんじゃなく、支配を受け入れることだけを求めて後は適当にやっていた。
そのせいで欧州から来た十字軍士たちには十字軍国家の連中がキリストに対する裏切りものに見えることも多々あったそうだ。

参考文献
ドイツ中世後期の世界―ドイツ騎士修道会史の研究 ISBN-10: 4624110390
ドイツ騎士修道会とプロイセン人 京都大学 史林72巻6号
プロイセン史研究論集 ISBN-10: 4773327448

この動画を通報する

問題を選択する

動画を埋め込む

デモンズ3(La chiesa) 騎士団のシーン
自動再生
<iframe frameborder="0" width="480" height="270" src="//www.dailymotion.com/embed/video/x2xje6y" allowfullscreen allow="autoplay"></iframe>
上の埋め込みコードであなたのサイトに動画を追加します。