検索履歴をすべて削除しますか?

削除しない場合はキャンセルを選択してください

ワンス・アンド・フォーエバー(We Were Soldiers)予告編

3 年前1K views

crazyhis

歴史系映画

allcinema
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=237364

IMDb
http://www.imdb.com/title/tt0277434/

2002年 アメリカ映画 138分 日本語版あり

ベトナム戦争時、1965年に行われたイアンドラン高地の戦いを映像化してる。
原作はこの戦いの前半戦を指揮した第一空中機動師団第七連隊第一大隊長のハル・ムーア中佐とその戦いに同行取材したギャロウェイ記者のノンフィクション。
原作は何が起きたか、誰が何を言ったか、どのような人が参加したのかなどを淡々と描く感じだ。
アメリカ兵だけでなく、ベトナムの士官たちの証言も交えて戦い全体が描かれてる。
映画はそこに感動的な場面を加えてより情緒的に脚色した感じがある。
例えばムーア中佐の奥さんが戦死通知を配るくだりは原作にはない。最後の総反撃もない。
タクシーで戦死通知を配布したって話は本当だそうだ。おかげでタクシー恐怖症に陥った兵士の家族もいたそうだ。
最後は交代の部隊が来てムーア中佐の大隊はヘリで退却した。翌日には交代の部隊も退却してる。
だけどその脚色がこの戦いの雰囲気を伝えるのにプラスに働いてるように思う。
反戦映画とか言う向きもあるそうだけど、単に困難な状況に立ち向かった人々、その人々を賛美する物語って気がする。
その困難な状況が戦争だったってだけ。
監督も映画が政治的なものにならないように配慮したそうで、この戦いの後の影響を表したシーンも政治的って理由でカットしてる。

イアンドラの戦いは大きく分けて二つのパートに分かれる。前半が映画で描かれたXレイの戦い。
最後の反撃の部分以外はおおむね映画に描かれてる通りで、北ベトナム軍が大損害を受けて終わってる。
後半が映画では描かれなかったオルバニーの戦い。
Xレイの戦いの最中から終了後にかけて第7連隊第二大隊と第5連隊第一大隊が応援と交代に来ている。
両大隊は戦いの後、Xレイから徒歩で帰還することになり、第7連隊第二大隊が待ち伏せされて半数近くが戦死する事態になった。
だけど戦死者数は北ベトナムがアメリカを大きく上回り、アメリカ軍上層部は全体として満足する結果を得たとしたそうだ。
当時のアメリカ軍は消耗戦略をとっていて、
イアンドラの戦いの戦死者がアメリカ1に対して北ベトナム12だからこの調子で消耗を続けていけば、北ベトナムは消耗に耐えられなくなるだろうって。
当時の国防長官マクナマラなど一部の政治家はイアンドラの損害に青くなった。
この調子でアメリカ軍の損害が増え続ければ北ベトナムより先にアメリカの世論が反戦に傾く。
北ベトナムはアメリカ軍とも十分に戦えると自信を深めてる。
北にとっては実験的な戦いってことのよう。

ムーア中佐が気にしていたフランス軍の壊滅の話は1954年に朝鮮戦争休戦に伴いベトナムへ転用された第100機動部隊が待ち伏せで大損害を受けた話。
映画で描かれたように一気に壊滅したわけじゃない。待ち伏せを受けた後に円陣を作って持ちこたえて空軍の援護で脱出している。
兵員は3500名くらいで全兵員を輸送可能なハーフトラックやトラックを装備し、偵察用の装甲車に重砲なども装備したフランスでもトップクラスの部隊。
待ち伏せで装備の7割以上、兵員の5割以上を失って事実上戦闘力を失っている。
第100機動部隊が使っていたラッパがオルバニーの戦いの後で発見されてる。北ベトナム軍が使っていたそうだ。
このエピソードがラッパはXレイの戦いの後で発見されたってアレンジされて映画でも使われてる。
壊滅した場所はイアンドラ近郊で、ムーア中佐は戦いの後にトラックで司令部まで帰還するように命令を受けてその現場を通っている。
そのときムーア中佐は、また同じことがあるんじゃないかと考えて、かなり警戒しているけど、何も起こらなかった。
ムーア中佐の読んでいた本は Bernard B. Fall , Street Without Joy で邦訳は出てない。

参考文献
ワンス・アンド・フォーエバー ISBN-10: 4042907016
輝ける嘘〈下〉 ISBN-10: 408773157X
Street Without Joy ISBN-10: 1844153185

動画を報告

問題を選択

動画を埋め込む

ワンス・アンド・フォーエバー(We Were Soldiers)予告編
自動再生
<iframe frameborder="0" width="480" height="270" src="//www.dailymotion.com/embed/video/x2xi86d" allowfullscreen allow="autoplay"></iframe>
上の埋め込みコードであなたのサイトに動画を追加します。