最近検索した語句をすべて削除しますか?

最近の検索履歴が全て削除されます

いいね
あとで見る
共有する
に追加

ベオウルフ(Beowulf & Grendel)予告編

3 年前111 views

crazyhis

歴史系映画

allcinema
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=328526

IMDb
http://www.imdb.com/title/tt0402057/

2005年 カナダ 105分 日本語版あり

中世イギリスの英雄叙事詩「ベーオウルフ」の映画化。
グレンデル退治の部分だけを取り上げてる。
面白いのはこの叙事詩の特徴のひとつである怪物がまったく出てこない。
怪物の代わりに奇形あるいは特技を持つ人間が出てくる。
叙事詩では単純に悪い巨人グレンデルと、その巨人に苦しめられる王様、王様を救う英雄って単純な形になってるけど、
この映画ではこの構図に手を加えて各人の性格付けを変更してる。
グレンデルは単に力が強い人間で悪意はない。むしろ被害者。王様も悪意はない、国を治めるのに一生懸命で家臣の死に心をいためてる。
主人公ベーオウルフはそのあたりを徐々に知って、やっぱり苦しむようになる。
そんな人間関係を描いたドラマに仕立てられてる。
設定は500年ごろで舞台は叙事詩にあわせてデンマークってことになっている。
500年ごろのデンマークにはまだキリスト教は浸透してきていないけど、この映画ではキリスト教の神父が出てくる。
布教に来たのだ。この新たな宗教の伝播が人間ドラマにひとつの彩を添えてる感じ。
怪物跋扈するファンタジーじゃなくて、歴史ドラマとして作ったって感じだ。

参考文献
北欧史 (世界各国史) ISBN-10: 4634415100
ベーオウルフ―中世イギリス英雄叙事詩 ISBN-10: 4003227514

この動画を通報する

問題を選択する

動画を埋め込む

ベオウルフ(Beowulf & Grendel)予告編
自動再生
<iframe frameborder="0" width="480" height="270" src="//www.dailymotion.com/embed/video/x2xhayr" allowfullscreen allow="autoplay"></iframe>
上の埋め込みコードであなたのサイトに動画を追加します。