検索履歴をすべて削除しますか?

削除しない場合はキャンセルを選択してください

キプール(Kippur)予告編

3 年前23 views

crazyhis

歴史系映画

allcinema
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=236217

IMDb
http://www.imdb.com/title/tt0218379/

2000年 イスラエル映画 118分 日本語版あり

芸術的な映画を撮るとかなんとかで有名な監督らしい。
第四次中東戦争ヨムキプール戦争を舞台にしている。
ヨムキプール戦争は北部のゴラン高原と、南部のスエズ運河で行われた戦いだけど、この映画では北部のゴラン高原が舞台になっている。
なんとなく戦いは不利だって感じが最初から最後まで全体に流れてるから、最初の5日間くらいの設定なのかもしれない。
戦争自体がどうなってるかが読み取れないストーリーになっている。
敵方のシリア兵とかは全く出てこない。イスラエル軍が走り回ってるだけ。
奇襲攻撃で始まった戦争だけあって、混乱の中にある感じがよく出てる。
主人公は予備役の将校と下士官、自分の所属部隊と合流しようと国境へ向かうも前線の混乱から部隊にたどり着くことができずに迷子になる。
偶然、救助部隊の軍医と落ち合い、救助部隊に編入されてしまう。
この戦争の最初の段階では実際に迷子とかを集めて臨時の部隊を作るなどということが、盛んに行われたそうだ。
救助部隊は7機のヘリで編成されてたようだけど、初期の戦いで4機を失ったとか、かなり激しい戦いに巻き込まれていた。
実際にも空軍は初期に大損害を受けて後は被害が少なくなっていく感じだったとか。
主人公たちは戦場各地を回ってひたすら負傷兵を助けて回る。映画の大半はこのシーン。
戦場には歩兵の姿がほとんどなく、戦車ばかりが走り回ってる。
なんか不自然な気がするけど、実際にもイスラエル軍は戦車と空軍を重視していて、戦車が単独で戦うことが多かったんだそうだ。
それでみれば戦車の挙動不審な走り方以外は自然なことだと思えてくる。
そんな中をひたすら負傷者を助けて回って隊員たちは疲労して行くって感じ。
それで最後は主人公たちの乗ったヘリまで撃ち落されて、みんな揃って病院送り。
主人公は自宅療養ってことになり、自宅に帰って妻と再会して終わり。
戦争映画だからって派手な戦闘シーンとかはない。戦車が走り回って、燃えてるだけ。
正直見てるだけで疲れてくる。そんな映画。

参考文献
図解 中東戦争―イスラエル建国からレバノン進攻まで ISBN-10: 4562021691

動画を報告

問題を選択

動画を埋め込む

キプール(Kippur)予告編
自動再生
<iframe frameborder="0" width="480" height="270" src="//www.dailymotion.com/embed/video/x2wp2n0" allowfullscreen allow="autoplay"></iframe>
上の埋め込みコードであなたのサイトに動画を追加します。