最近検索した語句をすべて削除しますか?

最近の検索履歴が全て削除されます

いいね
あとで見る
共有する
に追加

ヘンリー五世(Henry V)予告編

3 年前238 views

crazyhis

歴史系映画

allcinema
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=21179

IMDb
http://www.imdb.com/title/tt0097499/

1989年 イギリス映画 137分 日本語字幕版あり

17世紀の劇作家シェイクスピアの「ヘンリー5世」の映画化。
ヘンリー5世は15世紀のイングランド王で百年戦争後半戦を始めた王だ。
ヘンリー5世が開始して次代のヘンリー6世が続けてジャンヌ・ダルクが出てきたって戦争。
映画はシェイクスピアの原作に忠実に作られている。1944年に作られたローレンス・オリビエ版より重厚な感じがした。
物語はヘンリー5世がフランスに宣戦布告してから講和を結ぶまでの話。
ハーフラー攻城戦とアザンクールの戦いが二つの大きな見せ場になっている。

実際にはハーフラー攻城戦とアザンクールの戦いが行われた1415年戦役では戦いは決しなかった。
このあと数年にわたるノルマンディー攻略戦を経てようやくフランスと和議が結ばれてる。この辺りは原作からオミットされてる。
シェイクスピア劇は大きな戦い、終戦って感じで一気に流す感じの物が多い。これもその流れにはまってる。
ヘンリー5世は若いころ放蕩者だったと描かれてるけど、実際には結構実直な感じだったそうだ。
ハーフラーからアザンクールまでの行軍は映画でも描かれてるとおり食料の不足、フランス軍の妨害なんかで苦しんだ模様。
映画にはないけどアザンクール直前のソンム川渡河は大変だったとか。
途中で略奪を犯した兵を処刑する場面があるけど、実際は逆で食料などの現地調達とか村の焼き打ちなんかを盛んにやっている。
その過程で略奪なんかも行われてる。
アザンクールの戦いは映画でも強調されてたけど、弓兵と尖った杭の障害物、下馬した騎士の連携プレイでイングランドが一方的な勝利を手にしてる。
映画ではイングランドの騎士も馬に乗って戦ったように描かれてるけど実際には下りて、戦っている。
戦いの中盤までは槍を構えて整然と並んだイングランド騎士の隊列へフランスの騎士がしゃにむに突撃してくる感じで乱戦ではなかったそうだ。
後半にフランスの騎士が敗走を始めたあたりでイングランドの騎士が追撃を始めて乱戦になってる。
イングランドの被害は最後の追撃の段階が最も多かったと考えられてる。

参考文献
The Face of Battle ISBN-10: 1844137481
ヘンリー五世 シェイクスピア全集 〔19〕 ISBN-10: 4560070199
英国王室史話 ISBN-10: 4469240907
Gesta Henrici Quinti: The Deeds of Henry the Fifth ISBN-10: 0198222319

この動画を通報する

問題を選択する

動画を埋め込む

ヘンリー五世(Henry V)予告編
自動再生
<iframe frameborder="0" width="480" height="270" src="//www.dailymotion.com/embed/video/x2wo9ad" allowfullscreen allow="autoplay"></iframe>
上の埋め込みコードであなたのサイトに動画を追加します。