検索履歴をすべて削除しますか?

削除しない場合はキャンセルを選択してください

スパルタ総攻撃(The 300 Spartans)予告編

3 年前1K views

crazyhis

歴史系映画

allcinema
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=12120

IMDb
http://www.imdb.com/title/tt0055719/

1962年のアメリカ映画 114分 日本語字幕版あり。

300の漫画の元になった映画らしい。
たしかに漫画の創作部分はこの映画に似ている部分が多い。
最初の戦いでペルシャ兵が海へ追い落とされるところとか、不死隊が出てきたところで罠にかけるとか、テスピアイの部隊がペルシャ兵の急襲を受けて全滅するところなんかの戦いの流れはこの映画から持ってきてる模様。
クセルクセス王の率いるペルシア軍がギリシアへ侵攻したところから始まる。
ギリシアのスパイが捕まって処刑されそうになるけどクセルクセスに助けられてペルシア軍の全容を見せつけられた後に釈放されるとか、ヘレスポント海峡通過に7日7晩かかるといったエピソードもきちんと盛り込まれている。
スパルタからペルシアへ亡命したデマラトスもクセルクセスの幕僚として登場してスパルタの強さの宣伝に余念がない。
ギリシア側はギリシア諸市の会議でテミストクレスが出てきてデルフィーの「アテナイは占領される」とかの神託の話なんかもちゃんと出てくる。
会議だと積極的に前へ出て防御すべしとする市ともっと後方で防御すべしとの意見が対立している。テミストクレスが積極派の代表。レオニダスは傍観者のようだけどテミストクレスと結託している。
ヘロトドスの記述をかなり意識してこの戦いに関わった歴史上の人物を可能な限り多く出している模様。
テルモピュライの戦いの後に行われたサラミスの海戦でペルシア側の将帥として活躍したアルテミシアもこの戦いには関係なかったはずだけどクセルクセスの愛人兼参謀として登場してる。
なんか悪の女幹部のようだ。
ただ見てるだけだと古いアメリカ映画だなって感じでだけど、ヘロトドス片手に見てるとこの人がこんな登場のし方をしてるとか、このエピソードをこんな風に利用したのかとか、いろいろと発見があって面白い。
こちらのレオニダスは「300」と比べてお上品で"This is Sparta"と叫びそうな感じじゃない。
クセルクセスは「300」と違って「私は寛容だ」なんて言いそうにない。失敗した者は死刑。敵に情けをかけるなと、けっこう短気。我儘な独裁者って感じに描かれてる。
「300」と比較しながら見るのも結構面白い気がする。
昔のアメリカ映画だけあって伏線としてスパルタの裏切り者の息子とスパルタ娘の許されざる恋の物語が入ってる。

参考文献
ヘロドトス 歴史 ISBN-10: 4003340531
300 ISBN-10: 4796870369

動画を報告

問題を選択

動画を埋め込む

スパルタ総攻撃(The 300 Spartans)予告編
自動再生
<iframe frameborder="0" width="480" height="270" src="//www.dailymotion.com/embed/video/x2wbn0g" allowfullscreen allow="autoplay"></iframe>
上の埋め込みコードであなたのサイトに動画を追加します。