保護されたアザラシ 27日海へ

新しい動画プレーヤーを試す
samthavasa

samthavasa より

1.4K
88 件の視聴
  • 情報
  • エクスポート
  • 次に追加
オホーツク海側の斜里町で5月に保護されたゴマフアザラシが、27日、海に帰されることになりました。
紋別にあるオホーツクとっかりセンターに保護されているのはオスのゴマフアザラシです。保護されたときは衰弱していて、体重は9キロでしたが26日までには25.3キロにまで増え、すっかり元気になり、センターは、27日海へ帰すことにしました。
「元気になってくれたので、外でも元気に生きてくれればと思う」(飼育係 岡崎雅子さん)
センターは、保護されたアザラシの野生復帰後の行動を北海道大学と共同研究していて、アザラシの背中に行動範囲などを調べるため、衛星発信機を取り付けました。気温が上がり、毛が抜け替わる来年の春頃には、自然にはがれ落ちるということです。
12月26日(木)

0 件のコメント