【京大グループ】血液難病 iPS細胞で再現

新しい動画プレーヤーを試す
samthavasa

samthavasa より

1.4K
69 件の視聴
  • 情報
  • エクスポート
  • 次に追加
京都大学は、生まれつき血小板が少ない難病患者のiPS細胞を使って、病気の特徴の再現に成功しました。血液ができるメカニズムの解明が期待されます。
京都大学iPS細胞研究所は、生まれつき血小板が少ない難病の患者の皮膚からiPS細胞を作製。このiPS細胞から作った血液は血小板がほとんどなく、病気の特徴の再現に成功しました。また、人間の血液を作るには、トロンボポイエチンというタンパク質の一種が必要であることもわかりました。江藤教授は、「(iPS細胞から血液を作るには)ロードマップ(行程表)が重要。(この研究は)臨床に用いる血小板・赤血球・白血球を作るという仕事につながる」と話しました。研究グループは将来的に、輸血用の血液成分の作製や貧血の新薬開発が期待できるとしています。

0 件のコメント