「小さな命の写真展」殺処分の犬たちの表情をとらえ…

新しい動画プレーヤーを試す
samthavasa

samthavasa より

1.4K
371 件の視聴
  • 情報
  • エクスポート
  • 次に追加
処分されることになった犬や猫の写真を集めた展示会が、鳥取市で開かれている。鳥取市のとりぎん文化会館で開かれている「小さな命の写真展」は、引き取り手がなく、処分される前の犬や猫の表情や姿などをとらえている。鳥取県では2011年度、犬は約250匹、猫は約1200匹が殺処分されており、この現状を知ってもらいたいと有志によって写真展が企画された。実行委員会の中川京子さんは「これをきっかけに、みなさんの意識が広がっていくとすごくうれしい」と話す。写真の中には、処分されそうになっていた犬が、新しい飼い主に引き取られ、幸せそうに暮らしている姿もある。「小さな命の写真展」は、今月23日まで開かれている。[ 6/21

0 件のコメント