最近検索した語句をすべて削除しますか?

最近の検索履歴が全て削除されます

いいね
あとで見る
共有する
に追加

20130527 県内のホテルなどのシェフが県内産の水産物を試食(岩手)

5 年前43 views

Yurusan

Yurusan

公開日: 2013/05/27
料理人たちが、岩手県内産の水産物の味を確かめた。
県内のホテルなどで、洋食料理をふるまうシェフが27日、山田町を訪れて、カキやホタテの養殖漁業者の関係者と交流を深めた。
これは、被災地の生産者が作る食材を、県内外に広くPRしようと、県が企画した。
27日は、盛岡と水沢から、およそ30人のシェフが参加した。
参加者は、船で沖へ出て、生産者からカキやホタテの生育状況について説明を受けた。
養殖漁業者は「成長がやっぱり早い、震災前と違って。プランクトンの栄養が行きわたっていると思う」と話した。
津波で養殖のカキやホタテが減って、1個あたりの養分が豊富になったが、その分、商品以外の貝も増えて、除去作業に苦労しているという。
参加者は、震災の年の秋から育てられ、例年以上に大きくなったホタテやカキを試食した。
料理人は、「ぷりぷり、すごいですね、甘味も」、「ほんとおいしくて、身も厚いし、水がきれいだったから。どんどん、自分のところでも使えるように頑張っていきたい」と話した。
漁業関係者は「岩手の食材として、広く活用してもらえれば、励みになる」と話していた。話していた­。

この動画を通報する

問題を選択する

動画を埋め込む

20130527 県内のホテルなどのシェフが県内産の水産物を試食(岩手)
自動再生
<iframe frameborder="0" width="480" height="270" src="//www.dailymotion.com/embed/video/x10eg9g" allowfullscreen allow="autoplay"></iframe>
上の埋め込みコードであなたのサイトに動画を追加します。