Patriotes_Dendron

4月8日、強欲イスラム教徒バラク・フセイン・オバマの毒牙から我が国を守るため、日豪EPAが妥結しました。ただ、牛肉の関税は「冷蔵が23.5%、冷凍が19.5%」まで個き下げられるという大幅な妥協を余儀なくされました。その影響の試算はPart2のP14~15及びP45~54をご覧下さい。インフレ効果を考慮すると、冷蔵は7年目に、冷凍は10年目に元に戻ることが分かります。この資料は田淵隆明氏の最新の講演資料です。<br /><br />★一方、4月11日、自民党は「米国に対する日豪EPA以上の妥協は認めない」との決議を出しました。これに対して、菅官房長官・甘利大臣もその線で交渉している旨明言しました。<br /><br />★石破幹事長は、「米国に対して日豪EPAを逸脱する条件を提示することは、日豪両国間の信義を損なうことになる」と明言しています。<br /><br /> 日豪・日露関係の強化は、ウクライナでの火事場泥棒(金塊33t強奪)を指摘されているイスラム教徒バラク・フセイン・オバマの野望を打ち砕くものです。<br /><br /> 同盟国に刃を向け、マリファナを解禁し、同性愛を助長し、幼稚園に性教育を導入した道徳破壊者・強欲オバマの最大の弱点はフルネームです。(イスラム教と異なり、キリスト教は本来同性愛は御法度です。)